ネット証券取引の魅力

 これまで電話か直接窓口で行っていた株取引ですが、近頃はネット証券取引の人気が上昇中です。

 ネット証券取引は、平日の昼間は仕事などで忙しく、株式市場の開いている時間に証券会社の窓口まで行くなんてとても無理という人でも大丈夫です。

 自宅にいながら注文が可能なこの方法がお勧めです。

 ネット証券取引は、インターネットをつ買うことからオンライントレード、家でできることからホームトレードという名前がついています。

 きっかけは1999年に売買委託手数料が自由化されたことで、ネット証券取引で株式を運用する人は年々増加しました。

 証券会社もインターネット用の口座を作るようになりました。

 最大の魅力はネットに接続できる環境ならどこからでも取引注文が出せることと、窓口注文より安い手数料ですむことです。

 これまでは、窓口が開いている日中のうちに電話で取引注文を行うか、窓口まで行って対面で発注をしていました。

 電話や窓口で受け付けた株の取引注文は、証券会社の人が機械に注文操作を入力して取引を完成させるのです。

 インターネットでの株取引はそのような窓口業務が必要ありません。

 パソコンや携帯での注文操作がそのまま発注されるからです。

 ネット証券取引の利点に手数料が安い点がありますが、それは注文が自動化されていることによります。

 窓口や電話の向こうに相手がいる取引の形ではないので、価格や注文内容などを決める時に人の目を意識する心配はありません。

 何度やり直してもいいですし、納得のいくまで考えることができます。

 少額からの取引しかできない人や全くの初心者でも、気兼ねなく取引できることが魅力でもあります。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial