株の仕組みについて

 「株って何」「株は、どれを買えば良いの?」「株の買い方は?」などの株の買い方について学ぶ前に、株のことについてお話します。

 会社の名前や後に付いて、○○株式会や社株式会社○○などとなっているのはよくおわかりのことと思います。

 株、正式には株式のことで、株式会社における社員権のこと、いわゆる「持分」ということになります。

 企業が事業を拡大するためには大きな資金が必要ですが、その際に「株券」を発行し、投資家から資金を調達するのです。

 たとえひとりが出す資金の額が少なくても、それが集まって多数になれば、必要な資金として充分になったりするのです。

 株式の金額は、その会社の株券を買いたいという人が多ければ高くなります。

 たくさんの人が欲しがる株券は、会社の成長が期待されているというわけですね。

 この出資をしている人を株主と呼び、株式会社によって生産された利益は、出資額の割合に応じて配分されるようになっています。

 その会社が利益を上げている場合はいいのですが、その反対に赤字経営である場合は、その負担分は株主にも分配されることになるのです。

 もし出資していた会社が倒産してしまったりすると、株式価格がゼロになるという状況もあります。

 このような株の仕組みを理解した上で、株を買おうと思った人は、株主になるという責任や知識をしっかり持って、どの株を買うかを検討しなければなりません。

 買った価格と、売った価格差でもうけられるのか、売り時を間違えると大損なんてこともあり、出資額は無理のないようにしなければなりません。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial