株価について

 株式の価格は、株式取引を行うときに付けられるのですが、それがいわゆる株価で、この株価は変動し続けるものなので、買い時売り時を見誤らないようにしなければなりません。

 物価は基本的に需要供給のバランスで自由に決定できますが、売買が行われる証券取引所で、適用された株価を評価基準にすることが多いそうです。

 株主が株の売買で利益を得るためには、株を買った価格よりも売った価格の方が高くなるように、売るタイミングを選べばいいということです。

 これが「キャピタルゲイン」と呼ばれる利益のことで、それともうひとつ配当によって出た利益がありますが、これは「インカムゲイン」と呼ばれています。

 利益だけでなく損失の場合も考えられますが、株式の売買での損失のことを「キャピタルロス」と呼んでいます。

  一日 の最初に決まった株価を「始値」といい、1日の最後に出された株価を「終値」といいます。

 一日のうちで一番低い株価を「安値」、それと逆に一番高い株価を「高値」と呼びますが、これらの四つの株の値段「始値」「終値」「高値」「安値」のことを「四本値」と呼んでいるのです。

 一日の株価の変動を見るためには、この四本値がポイントとなるのですが、株価は変動しますが、急激ではありません。

 けれども中には一日の中で動くことのできる範囲で、暴落があることも考えられるので、この点も忘れないようにしなければなりません。

 東証株価指数(TOPIX)、日経平均株価などがその有名なものとしてあげられますが、これならニュースなどを見ていてよく耳にする、という人も多いでしょう。

 やはり株は難しそうだと思われそうですが、こんなニュースでの報道に気に留めるのも、株に挑戦しようとする人には良いのではないでしょうか。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial