株式が流通する市場について

 株式や公社債などの発行が行われる場所が、発行市場です。

 また流通市場もそうですが、それを総称して証券市場と呼びます。

 それから流通市場では、その証券が売買されています。

 株式市場というのは、すなわち株式が発行され、売買をされているところなのです。

 証券取引所を指すこともあります。

 発行市場は、会社の経営に関係される資金調達に大きく関係しているのです。

 株式会社には、株式市場で流通されるものとされないものがあります。

 株式市場で流通している企業のことを上場企業といいます。

 また、株式市場で流通している株式は、一般投資家も買うことができます。

 日本では東京証券取引所や、ジャスダック、マザーズ、ヘラクレス、セントレックスなど、さまざまな市場があります。

 東京証券取引所は1部と2部に分かれており、1部に上場しているということは、安定した企業を意味するポイントとなります。

 マザーズ、ヘラクレス、セントレックスなどは、上場基準が甘いので、新しい会社も上場することができますが、価格の変動が激しいのも特徴です。

 世界にも株式市場はたくさんあり、株式が多数取り引きされています。

 海外の会社の株式を購入する人も増えています。

 それにはかなりの株式の知識が必要となりますが、日本だけではなく成長の著しい国に目を向けるのもいいかもしれませんね。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial